Windows Subsystem for Linux(WSL) で Namazu を使用する方法


Windows の Namazu としては Namazu for Windows が一般的ですが、Windows 10 Fall Creators Update の Windows Subsystem for Linux (WSL) でも Namazu が使用できます。

この記事では、WSL で Namazu を使用する方法を紹介します。

WSL で Namazu

前提:

Windows 10 Fall Creators Update(1709) で Windows Subsystem for Linux がインストールされていることが前提です。インストール方法は別記事をご覧ください。

また、日本語を取り扱う場合、unix の Namazu は EUC-JP であることが前提になります。WSL でも EUC-JP が前提となりますので、EUC-JP に対応したターミナルソフトとローケルを ja_JP.EUC-JP で使用することが前提になります。こちらについても先の記事をご覧ください。

 

CPAN:

cpan の設定は必須ではありませんが、cpan を使って perl モジュールをインストールできる環境を整えておくと、後でいろいろ便利なので、ついでに cpan の設定もしておきましょう。

wsltty を開いて、cpan を実行します。

最初に cpan を起動した際に初期設定が行われます。画面の指示に従って設定を進めます。

次に cpan のアップデートと YAML のインストールを行います。

これで cpan の準備が整いました。

 

各種パッケージのインストール:

Namazu を使用するのに必要な各種パッケージをインストールします。(必須のもの以外にも、開発用のものや特定の文書フィルタに必要なものが含まれています。)

 

pltests:

動作確認に Namazu for Windows でよく使っている pltests を使ってみましょう。下記 URL から、WSL 用の pltests をダウンロードします。

https://www.akaneiro.jp/members/blue/namazu_pltests001.tar.gz

(ブルー会員限定エリアに置いてありますので、現在のところ、ブルー会員の方のみダウンロードできます。)

 

ダウンロードしたファイルを適当な場所で解凍します。

 

pltests ディレクトリに移動して、テストを実行します。

 

WSL での pltests 実行結果です。

WSL での pltests 実行結果

全テストが pass していることが確認できます。基本的な動作に問題がないことがわかります。

 

注意事項、制限事項:

  • 前提事項にもなりますが、日本語は EUC-JP が前提となっています。
  • 文書ファイルのパス名に日本語を含む場合、文書ファイルを正しく取り扱うことができません。

 

参考記事: