Namazu のための Windows Subsystem for Linux


Windows 10 Fall Creators Update から Windows Subsystem for Linux (WSL) が正式にサポートされました。Windows Subsystem for Linux でも Namazu が使用できますので、ここでは Namazu を使用するための Windows Subsystem for Linux インストール方法を示します。なお、Namazu のインストール方法については、別記事で用意する予定です。

前提:

Windows 10 Fall Creators Update(1709) がインストールされていることが前提です。

また、日本語を扱う場合には Windows 版の Namazu は Shift_JIS  が前提ですが、unix の Namazu は EUC-JP が前提になります。Windows Subsystem for Linux の Namazu でも EUC-JP での利用が前提になります。

 

Windows の機能の有効化:

最初に Windows の機能で、Windows Subsystem for Linux を有効化します。

「コントロールパネル」、「プログラムと機能」、「Windows の機能の有効化または無効化」を開きます。

「Windows Subsystem for Linux」のチェックボックスにチェックを入れて「OK」ボタンを押します。

 

コマンドプロンプトを起動して、wsl を実行してみます。

 

 

 

β版だった Creators Update の頃は、これで wsl のインストールが始まったはずですが、Fall Creators Updatewsl では起動せず、Windows ストアから Linux ディストリビューションをインストールするように指示されます。

 

Linux ディストリビューションのインストール:

先ほどの指示通りに Windows ストアから Linux ディストリビューションをインストールします。下記の URL を Microsoft Edge で開きます。

https://aka.ms/wslstore

現在インストール可能な Linux ディストリビューションには、「Ubuntu」、「openSUSE Leap」、「SUSE Linux Enterprise Server」があります。この中から1つを選択しなければならないのではなく、ディスク容量が許すのなら 3つ全てをインストールして切り替えて使用することも可能です。複数の Linux ディストリビューションをインストールした場合、最初にインストールしたものがデフォルトの Linux ディストリビューションになります。

ここでは、Linux ディストリビューションとして Namazu の動作確認ができている Ubuntu を使うことにします。

Ubuntu を購入してインストールします。(費用はかかりません。)

インストールを開始すると、ターミナルが開きます。

しばらくすると、Linux のユーザ名とパスワードの設定が始まります。

ユーザ名とパスワードを設定すると完了です。

 

wsltty のインストール:

WSL を EUC-JP で使うためには、EUC-JP に対応したターミナルソフトが必要になります。ここでは EUC-JP に対応している wsltty を使うことにします。wsltty は、以下の URL からダウンロードします。

https://github.com/mintty/wsltty/releases

https://github.com/mintty/wsltty/releases

 

wsltty のインストールを開始すると、警告ダイアログが表示されます。

実行しないと wsltty のインストールができませんので、「詳細情報」をクリックして、アプリと発行元を確認します。

「実行」ボタンを押して、インストールを進めます。

インストールが完了すると、デスクトップに WSL-Terminal アイコンが作成されます。このアイコンをダブルクリックして、 wsltty を開きます。

WSL Terminal アイコン

wsltty を開くと、先ほど設定したユーザでログインした状態になります。

wsltty の設定を変更します。マウスの右ボタンを押してポップアップメニューを開きます。

「Options」の「Text」から、Font と Locale 及び Character set を日本語が使用できるように変更します。

ここでは以下の設定にしました。

  • Font を 「MS ゴシック」12pt に変更
  • Locale を 「ja_JP」に変更
  • Character set を 「eucJP」に変更

 

次に UI を日本語に変更します。「Options」の「Window」の UI language を設定します。

  • UI language を「 ja」 に変更

 

これでメニューが日本語に切り替わります。

 

Ubuntu の初期設定:

日本語ローケルを作成します。

 

デフォルトの言語を ja_JP.EUC-JP に変更します。

 

wsltty を閉じて、デスクトップの WSL-Terminal アイコンをダブルクリックして、 wsltty を再度開きます。(再ログインします。)

 

パッケージのアップデート:

パッケージを最新のものにアップデートします。

 

これで Namazu をインストールする準備が整いました。

 

参考記事: